彼ほど知り尽くしている人はいないのではないだろうか。
僕も好きだけれど、彼の発想力には遠く及ばない。
今でもしょっちゅう新しい飲み方を彼が教えてくれる。
サイダーに何を入れたら美味しいかを研究するのは彼の日課なのだ。