どんなに苦手なものでも、一度くらいはまぐれが起こるものだ。
例えば僕はキャッチコピーを考えるのが凄く苦手だ。
でも必死にない知恵を絞れば、一度くらいは傑作を出せる。
僕は何事もそうやって、一度の奇跡に頼って乗り越えてきたのだ。