私は指導者としては無能な部類だったと思う。
ただ、私の教え子たちはみんな各分野の第一線で活躍している。
もちろんそれを私の指導の賜物だと自惚れるつもりはない。
それでもやはり彼らの頑張る姿は誇らしい。