過去の私は意外性ナンバーワンっていう肩書きがあった。
実際にその名に恥じないくらい、常に意外な行動で世間を騒がせてきた。
でもこの手の変化球は永遠には続かないものだ。
最近じゃどんなに突飛な行動を取っても、あいつなら通常の一言で片づけられる。