フィクションの世界で異世界に飛ぶってのはよくあるけど。
まあ、実際に来てみたらこうなるよな。
どこの国の言語とも違う、全く異なるまさに異世界の独特な言語。
考古学と言語学の権威である私でも、解読には時間を要しそうだ。