「えーっと、AさんはBさんが好きで、BさんはCさんが好きで……」
「CさんはDさんが好き。そしてDさんはEさんが好きなんだ」
「ここまで見事な一方通行ってのもなかなか珍しいな」
そして誰からも好かれてないAさんがとても不憫に思える。