「ここはどうやら、過去と未来の間みたいだね」
「まあそうだろうな」
「僕たちはずっとこの間から出ることはできないみたいだね」
「そりゃね。それが今ってやつだし」