結局は弁が立つ奴が強いのかなって思った。
腕っ節は弱くても、彼は討論になると誰にも負けない。
正論異論理屈屁理屈、彼は相手を言い負かすためなら何でも言う。
どんな屈強な人間も、彼に言い包められると負けを認めてしまう。