この国には、お姫様が何人もいる。
それぞれに役割が違うのだ。
例えば彼女は、国中に歌声を届ける為だけに存在するお姫様。
毎日決まった時間に、お城の上で歌うのが日課なのだ。