私はいつも嫌なことがあるとこの丘に来る。
ここには一本の大きな桜の木があって、いつも同じ顔で私を出迎えてくれる。
極寒の真冬でも灼熱の真夏でも、もちろん新緑の季節でも。
今まで一度も桜が咲いたところを見たことがないけど、私はこの桜が大好きだ。