これまで多くの右腕を失った。
みんな俺なんかよりも遥かに優秀で、俺の右腕にはもったいない人材ばかりだった。
でも俺が不甲斐なかったばかりに、みんなこの世を去ってしまった。
俺がこうして自分自身の右腕を失ったのも、その不甲斐なさゆえの末路だ。