長年の経験で培った技術や勘が失われることはない。
それでもいずれ十分な力を発揮できない時は来る。
才能の枯渇なんて言葉で片づけられることもあるが、そうではない。
それが老いるということなのだ。