彼は僕にとってのウルトラマンだ。
僕がピンチになると必ず駆けつけて助けてくれる。
駆けつけてくれるというだけでも僕は十分に嬉しい。
三分経つと帰っちゃうところもウルトラマンらしい。