今年で五十歳になる。
肉体も精神も、全盛期の半分くらいになっている。
それでも私は挑戦することを止められない。
一度栄光を味わってしまうと、どうしてもすがらずにはいられないのだ。