周囲の期待に応えて、彼は立派なエースになった。
彼はきっと、生まれた時からエースになることを義務づけられていたのだ。
親もそれが分かっていたから、我が子にエースという名前をつけたに違いない。
将来的に、エースとは彼のことであるという説明が辞書に載るかもしれない。