一世一代の賭けってのは、まさにこんな時に使う言葉なのだろう。
今の僕は残り数分で命が尽きるという窮地に立たされている。
この毒を飲めば助かる確率は上がるらしいが、毒のせいで死ぬかもしれない。
少ない可能性を信じて、僕はこの毒を飲み干すべきなのだろうか。