あと少しで優勝賞金の一億円が手に入るところで、彼は惜しくも敗れた。
さぞかし悔しい思いをしているだろうと思ったが、そうでもなかった。
「んー、まあ、一億円くらいいつでも手に入るからねぇ」
やっぱり金持ちの感覚はよく分からない。