別に自分が写っていなくても構わない。
その瞬間、自分が何を撮ったか覚えていれば良い。
写真を見た時、思い出が蘇ればそれで良い。
それだけで私は明日も元気に生きられる。