今までいろんな相方と任務をこなしてきたけど、しっくりこなかった。
やはり自分のことを一番よく理解しているのは自分自身ってことだ。
だから私は自分のクローンを作った。
こいつとならきっと阿吽の呼吸で任務をこなせるだろう。