永遠の別れであることは分かっていた。
でもみんなそれを認めたくなかったのだろう。
明日また会うような、そんな軽い挨拶を交わして僕たちは別れた。
神妙になるよりはこっちの方が僕たちらしい別れなのかもしれない。