一生に一度くらいは、酒と女に溺れるのも悪くない。
たまにはこんな後先考えない時があっても良いだろう。
こうでもしないと、俺は今までの自分を清算できない。
どうせ数日後には、海で溺れてる運命なのだ。