奴はエリート意識もプライドも高いが、それゆえの隙があった。
その隙を突けばあいつを引き摺り下ろすことも可能だと僕も考えた。
でもあいつの狡猾な頭脳はエリートにありがちな隙もちゃんと把握していた。
奴はあえてその隙を見せて誘い込み、こちらを返り討ちにしていたのだ。