たとえビジネスでも今後のつき合いは嫌だなと思うくらい最悪の印象だった。
その場は取り繕ったけど、次の取り引きはないものと私は考えていた。
でも偶然街中でその人を見かけた時、とても良い笑顔で誰かと話していた。
もう一度くらいは取り引きしても良いかなと、その時思った。