どうりで、どんなに探しても見つからないわけだ。
あれはプロのアーティストが歌ったものではなかった。
あの人が昔、好きな人のために作ったオリジナルソングだったのだ。
たった一人のために作られた歌だから、これは世に広めるのは止めておこう。