僕は小さい頃から悪魔になることを夢見ていた。
きちんと悪魔について学び、必要な技能も身につけた。
だから進路希望を訊かれた時も迷わず悪魔になると答えた。
悪魔になったらとりあえず、僕を認めてくれなかったあの先生に復讐するんだ。