誰にだって得意なペースと苦手なペースがあって当然だ。
他人のペースを全く無視して良いとは思わない。
でも得意なペースで行くのが結局は一番なのだと思う。
だから私はいつだってマイペースを崩さない。