圧倒的な天才に畏敬の念を抱くのは自然なことだと思う。
でも私は圧倒的なバカに対しても同じくらいの憧れや恐れを抱いている。
彼らに共通しているのは、普通の人にはやれないことをやるってことだ。
それもごく当たり前のように、平然と。