僕は泳ぎなら誰にも負けないくらいの自信がある。
でもどんなに早く泳げたところで、今の僕には何の意味もない。
好きな子が転校してしまうのを追いかけて止めることができなかった。
でもいつか、泳いででもあの子へ会いに行こうとは思っている。