またお礼を言いそびれてしまった。
もう何回目になるのか数えるのも億劫なほど。
もしお礼を溜める貯金箱があったら、すでにパンパンになっているだろう。
この溜まったお礼をいつかちゃんと返せるだろうか。