量が少なければ取り合いになるのは当然だ。
そうなると競り合いに弱い僕はいつも何も手にできない。
それでもどうしても欲しくて、僕は模造品を作るようになった。
僕の部屋にあるものはみんなそんな贋作ばかりなのだ。