「荷物が多くなって来たからそのバッグに少し入れさせてくれない?」
もちろん私は断った。
このバッグは私の好きなものだけを入れるためのバッグなのだ。
自分の嫌いなものや必要のないものは絶対に入れないことにしている。