時間の感覚を忘れるくらい、ひたむきにがむしゃらに頑張って来た。
来年で三十周年だってことにも全く気づかないくらいに。
改めて振り返ってみると実にいろんなことがあった気がする。
でも無心で夢中で頑張ってきたせいで、何も思い出せない。