斬新な設定と抜群の操作性、最高に盛り上がる音楽と綺麗すぎるグラフィック。
どれを取っても圧倒的なクオリティの、まさに奇跡の作品だった。
今を代表するクリエイターたちが集まったのは、後にも先にもあの時だけ。
あの奇跡がもう一度蘇るとしたら、きっと百年後とかになるだろう。