「ベタだけど俺が不良の役をやるから、かっこよく助けて好感度を上げろ」
しかしこういうのをやる時はちゃんと相手のことを調べてやるべきだった。
不良として登場するところまでは良かったが、その後が予定外だった。
あの子は不良が大好きらしく俺が真っ先に好感を持たれてしまった。