「す、すげえ……本当にあの王様、バカには見えない服を着こなしてやがる」
「え!?」
バカには見えない服が存在することに私は驚いたのではない。
世界一のバカだと思ってたこいつにその服が見えたことに私は驚いたのだ。