「なるほど……ハニートラップというわけか」
まさか俺の好みがバレているとは思わなかった。
無類の蜂蜜好きな俺にとってこの状況は垂涎ものだ。
罠と分かっていても回避することができない。