夜が必ず明けるように、この闇も永遠には続かない。
そのうち光が差して出口が見えるようになるだろう。
でも夜明けと違い、いつ来るかは分からない。
光が差す頃には、僕はそれを光と認識できなくなっているかもしれない。