この白線を一歩でも越えたら命の保証はしない。
それでも構わないのなら遠慮なく踏み越えてくるが良い。
たとえ世界最強の戦士を連れてきたとしても結果は同じ。
私の目が黒いうちは、ここから先へは絶対に通さない。