もし僕が侍の世に生きていたらきっと武士にはなれなかった。
僕は誇り高くもないし、もちろん剣の腕もからっきしだ。
そして何より、意思の固さというものが僕には全くない。
こんな二言ばかりの奴が武士になってもすぐに干されるだろう。