やはりいざという時の奥の手は残しておきたかった。
しかし相手もバカじゃないから、あらゆる想定はしてくるだろう。
だから僕は改造人間になった。
変身できるなんてところまではさすがに向こうも想定していないだろうから。