時にははっきりと否定することも必要だ。
相手はそれを望んでいないかもしれない。
でもここで否定しなかったらもっと間違った方向に行ってしまう。
それを避けることもまた話し合いには必要なことなのだ。