地球人じゃないからという理由でどこに行っても差別される。
でも本当は彼らの方が僕を恐れているのだ。
僕の力が未知のものだから先手を打って押さえつけているだけ。
それが分かっているから僕は劣等感なんて全く感じていない。