明日を生きるための目標のようなものは既に失われた。
かつて苦楽を共にした仲間も、もうほとんど生き残っていない。
でもゼロじゃない。
一人でも会いたい人がいるうちは、私も生きることは諦めない。