世の中には偉大な功績を残している人がたくさんいる。
彼らに比べたら僕なんて地味なもんだろう。
それでも僕は誇りを持ってこの仕事を続けている。
僕にだってつけ合わせのポテトくらいのプライドはあるから。