あの時の僕たちはエッチな本を手に入れるために必死だった。
どれだけの時間と労力を使っても全く惜しいと思わなかった。
エッチなことは不純とされるが、あの時の僕たちは純粋だったと思う。
あれくらい純粋で夢中になれることが、大人になってからは全くない。