確かに、歌は誰かに聴いてもらうものなのかもしれない。
それでも私は歌うことを止めない。
たとえ聴かせる人がいなくても、私の中では止める理由にはならない。
だから今日も、私はここで歌い続ける。