希望の闇があったって良いし、絶望の光があったって良い。
私にとっては光と闇に大差なんてない。
希望だろうが絶望だろうが、光は光だし闇は闇だ。
私にとって大事なのは、それが真実かどうかということだけ。