まるで自分でも目的地が分からないかのように、彼は街中をさまよっていた。
不審に思った私は彼の後を尾けることにした。
実際に尾行してみて彼の不可解な行動の理由が判明した。
彼もまた、私のように不審に思った知人を尾行していたらしい。