彼はいつも私の目をまっすぐに見て話してくれる。
でも彼が本当に見ているのは私ではない。
彼は瞳の中に映った自分を見ているだけ。
いつでも瞳に映る自分としか会話していないのだ。