食にあまり興味がなかったとしても、美味しいものを食べて不快になる人はいない。
僕もグルメでも何でもないが、美味しいものを食べたら気分は良くなる。
それだけでも美味しいものを求める意義はあると思うのだ。
だから僕は食費がかさむことを惜しいとは思わない。